スポンサードリンク

薄毛さんに危険な成分の話(シャンプー)

どのシャンプーが薄毛さん達に良いでしょうか。
まず、自分がお使いのシャンプーの使用成分表示を見てください。薄毛さんが使ったら良くない成分とは以下にあげるものです。

●石油系合成界面活性剤(200種類以上もあると言われています。シャンプーに使用している代表的なものをのせてみました)
・ラウリル硫酸塩(Na,K,TEA,アンモニウム)
・ラウレス(ポリオキシエチレンラウリルエーテル)
・硫酸塩(Na,TEA)・
・ホシレンスルホン酸アンモニウム
・パレス-3硫酸塩(Na,TEA)、ステアリン酸グリセル
・アルキルエーテル硫酸Na
・コカミドDEA
●シリコン剤(ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン)
●香料
●着色料
などです。CMなどで有名な市販のシャンプーはほとんど入ってますね

この石油系合成界面活性剤の硫酸系は特に危険ですね。石油系合成界面活性剤は安価であるためドラッグストアで安いシャンプーが並んでいるのはそのせいなんです。購入者 特に薄毛さんの事は考えてない商品です。子供にも使わせたくないです。もちろん私もです。
ドラッグストアで良く見かけるシャンプはほとんど石油系シャンプーです。
安価で泡立ちが良く香りが良いのが売りです。何度も言いますががとても洗浄力が強い為頭皮への刺激が強く フケ・かゆみの原因になっています。同じ成分が食器洗剤にも使われ家事をする女性が悩む’主婦湿疹’の原因にもなっています。よってこの洗浄の強さが問題なんです。


我が家ではアミノ酸系シャンプーのこの商品を愛用しています。
近所のドラッグストアには売っていないためAmazonで購入です。他店に比べ比較的安価です。
スポンサードリンク
【シャンプーの知識の最新記事】

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。