スポンサードリンク

AGA(男性型脱毛症)治療薬の話です。

AGA薬で有名な毛はえ薬といえばプロペシア(商品名)です。
効能・・・抜け毛の抑制

けっこう高価なんです。国内では医師の処方箋が必要となります。自由診療(自費)なので保険外です。28錠6500円〜7500円位です。保険薬ではないので医療機関によって価格はまちまちです。プロペシアと診察料や検査代など合わせると1ヶ月1万〜1万5千円程度です。医療機関に一度問い合わせて料金を聞くといいですね。少しでも安く治療が受けれたら言う事なしです。
プロペシアは個人輸入のネット通販でも手にはいります。安くて28錠5000円前後です。
もっと安くと言う方はジェネリック医薬品はどうでしょう?
プロペシアと同じ成分の薬品’フィンペシア’です。プロペシアの後発品(フェンペシアの次に発売されたのがプロペシア)という理由でとても安価です。プロペシアの半値です。このフィンペシアも個人輸入のネット通販にも売られていますがとても安価なため偽物も出回っているようなのでご注意です。
プロペシアの副作用として男性機能の低下がありますがとても軽症のようです。
禁止投与として肝機能の低下している人。妊婦さん。お腹の子に影響を及ぼすため服用はもちろん手で錠剤を触れることも禁止です。皮膚から吸収されるからです。未成年者と女性にも禁止です。
他に初期脱毛といって一時的に脱毛がみられます。(全てのひとがなるわけではありません)服用を持続すれば抜け毛は減っていくので心配ないそうです。
服用期間は6ヶ月を目安にそれ以降は医師との相談です。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。